ご挨拶

当社は株式会社リクシルのグループ企業として、セントレアを臨む焼き物のまち常滑を生産拠点に、都市環境を美しく彩り、住む人にぬくもりを感じていただけるセラミックタイルを全国に供給、展開しております。


セラミックタイルは工業製品でありながら焼き物特有の自然な味わいをもち、人々の感性に高い訴求力をもつ卓越した素材です。
私たちは伝統に培われた常滑焼の高度な技術を受け継ぎ、最新設備の導入と徹底した品質管理、独自の商品開発力で、マンションや病院、オフィスビルなどの外壁に採用いただいております。
業界ナンバーワンの生産性と多様化を可能とする外装モザイクタイル工場を有する一方、業界唯一の薄型湿式土ものタイルの量産化にも成功し、今後需要が見込まれる戸建て住宅の外壁・リフォーム分野にも注力いたしております。

当社の経営理念『社会から必要とされ期待される企業を目指します』は、地球環境や地域社会に配慮した上で、お客様から真に喜んでいただける商品を提供し、その着実なレベルアップを通して社員一人ひとりに成長してもらいたいという考えに基づいております。
理想を高く掲げ、その実現に向けて一歩ずつ近づいていきたいと考えております。










取締役社長
伊奈憲正


    

 会社概要


社名  日本モザイクタイル株式会社
事業内容    
 外装タイル製造

本社・工場

 愛知県常滑市椎田口51番地本社

TEL/FAX
 (0569)35-5776 / (0569)34-8920

E-mail
 nm-kondo@mpd.biglobe.ne.jp

設立  1959年(昭和34年)1月
資本金  7,000万円
代表者  取締役社長  伊奈 憲正
社員数  170名
主要取引先  株式会社LIXIL、株式会社ダイナワン

 会社沿革 company history

1959年 愛知県常滑市に日本モザイクタイル有限会社を創立。
モザイクタイルの製造を開始。
1963年 日本モザイクタイル株式会社に組織変更。
1970年 磁器質施釉50二丁ユニットタイル生産開始。
1977年 磁器質外装タイル、磁器質モザイクタイルで「JIS A5209」表示許可。
1978年 中小企業長官賞を受賞、以後継続して合理化モデル工場に指定。
色ムラ防止用タイル混合機を開発実用化。
1986年 自動色測管理システムの開発実用化。
1989年 外装タイル生産管理システム(PENTA)を共同開発。
1991年 湿式外装モザイクタイルを生産開始。
1999年 バックジョイントタイラインを導入。
2000年 マイクロガードラインを導入。
2001年 平物第3工場の操業を開始。
2004年 湿式高速ラインを導入。
2005年 愛知ブランド企業に認定。
2006年 アスペクトリニアが「グッドデザイン賞」を受賞。
2007年 事務所・工場外観の改装 工場内にラウンジを造成。
世界タイルフォーラムにて工場見学コースに選ばれる。
2008年 工場内敷地内の廃棄置き場にエコロードを造成し、窯廃熱利用のFootSpaを併設。
2009年 内装向けタイルの販売を開始。
日本環境経営大賞「環境経営優秀賞」を受賞。
2010年 第15回 資源循環型ものづくりシンポジウムにて「中部産業連盟会長賞」を受賞。
2012年 湿式高速ラインを導入。 






X